FC2ブログ

出せ!出すんだ!ジョー! のその後

ひょんなことから見つけてしまった彼女のうんこ。そして思いがけず手のひらでうけた風俗嬢のうんこ。日常であるにも関わらず隠された女の排泄という行為にハマった男の物語。管理人段平がつまらん日常をを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BLACK EX2

その日私はホテルへの先入りというかたちをとる。
選ぶのはお姫様ベッドの部屋。

お姫様の支柱から伸ばした拘束具でベッド上にジョーを拘束する。
両手両足4点での拘束だ。

「イチジクしてその状態でギリギリまで我慢しょうか。」

そう、四つんばいの姿勢から逃れられないようにするのだ。
私が枷を外さないかぎりジョーはラブホのベッドでうんこを漏らすしかない。

「どうしようもなくなったら外したるから。」

嘘だ。
そう、嘘だ。外すなんてことはない。
私に拘束された時点でジョーの運命は決まってる。

イチジクによる便意を我慢できず真っ白なシーツをうんこまみれにするしかないのだ。

泣こうがわめこうがジョーには絶望が訪れる。

だがこの時点でまだひとつジョーには内緒のことがある。
それこそ今回先入りという手段を選んだ本当の理由だ。


ベッドに四つんばいのジョーの手足に枷をかける。
もちろん軽くは動けるわけだがこれを外さないかぎりシーツを汚さぬ方法はない。

尻を上げさせジョーの穴を拝む。
前回忘れたかしわ手を打ち
今年もよろしくねとジョーに笑いかけ
そして今日はごめんねと心の中でほくそ笑むんだ。

いつものように尻の匂いをかぎ
いつものように舌を這わす。

いつものジョーの穴。

そしていつもとは違い、イチジクを挿す。

ジョーはどう我慢するのか。
外してもらえないと悟ったときどのような行動に出るのか。
毎日の職場であるホテルのベッドを
このようなかたちで汚してしまう事実にどう向き合うのか。

きっとジョーには絶望が訪れる。

怒るだろうか。
もしかして目を潤ませるだろうか。
潤ませたい。
いや、泣かせたい。

怒るのか
泣くのか
ジョーの反応は判らない。
が、いつものジョーであるはずがない。


そして私はこう言う。

「これはダミーや。
 前にブログで書いとったやろ。汚して帰る勇気はないって。
 大丈夫。これは俺の持ってきたシーツやから。
 下には持ってきたおねしょシーツも敷いてある。ホテルは汚れてないんよ。
 ギリギリを超えたジョーを見たかったんや。
 心配いらんよ。大丈夫やから。ごめんな。
 でもかわいかったで。すごいかわいかったわ。」




やり直しのきかない計画。
いつになく気合いを入れ、この計画は実行にうつされた。



関連記事
  1. 2014/03/13(木) 20:51:50|
  2. ぷりぷりジョー
  3. | コメント:0
<<BLACK EX3 | ホーム | BLACK EX1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。